健康情報サイト

睡眠不足解消ならコレだぁ!

睡眠不足を解消する方法を教えます

睡眠不足を解消する方法について情報提供する健康サイトです!
ご存知でしたか?日本人は、5人に1人の割合で睡眠不足に悩んでいるそうなんです!労働時間が長くなってきて、睡眠時間が取れなくなっているのでしょうかね?違う原因もあると思いますが…
睡眠不足だと、仕事や日常生活などに大きく関係してくるのです(良いことはない、悪いことばりで…)。ボォ~っとしてうっかりミスの連発だったり、女性の場合はお肌が荒れたり、イライラなんかしますよね!?そんな睡眠不足からくる悪い流れを解消する方法をいくつかご紹介しますので、今現在、睡眠不足で悩まれているという方は参考になると思うので情報をお手本に試してみてください。効果は人それぞれだと思いますが、軽い感じのお付き合いでよろしくお願いしますね…

睡眠不足の解消に効くサプリメント

睡眠不足を解消するにはサプリメントを活用することも良い方法です。サプリは、市販の薬などを服用するよりも効き目が緩やかなので自然に睡眠の質などを改善する場合には最適です。
睡眠不足を解消する効果が期待できるサプリは、グリシン、マグネシウム、トリプトファンなどが配合されているタイプを選びます。
グリシンはアミノ酸の1種で、睡眠を促進する体温低下をサポートし、起床時の疲労感や日中の眠気なども改善できます。マグネシウムは、不眠症に効果のある成分で、特にストレスが多く精神疲労が多い場合には最適です。トリプトファンはリラックス効果のあるセロトニンや、睡眠と覚醒を調整して睡眠時に体温を下げ熟睡感をサポートするメラトニンの生成に役立ちます。睡眠不足を解消するためには、これらの成分が配合されているタイプを選ぶことが良い選択です。おすすめサプリメント情報 >>

睡眠不足の解消法を伝授

睡眠不足の弊害は大きいです。よく誤解されていますが、睡眠不足となるのは「睡眠時間が短い」場合だけではありません。睡眠には、「時間」の要素の他に、「質」の要素も関わってきます。「質」は「睡眠の深さ」のことです。長時間寝たはずなのに体がダルい、疲れがとれないという場合には、睡眠の「質」が足りていないのかもしれません。
睡眠不足の原因となるものとして、ストレス、食生活、生活リズム、運動不足、騒音、寝室が不潔、タバコ、カフェインといったものがよく挙げられます。カフェインについては、一般的には6時間程度効果が持続すると言われていますが、実は完全に効果が切れるまでには24時間以上かかる場合もあるそうです。カフェインはなるべく朝に飲むようにして、昼以降は飲まないようにしましょう。
これらの原因をなくすように心がければ、睡眠不足が解消される可能性は高いです。それでもダメなら、病院を受診してみましょう。

睡眠不足の解消に効く食べ物3つ

睡眠不足の問題を解決するのに睡眠を補うことだけがその解消法ではありません。
睡眠不足は食べ物でも解消することが期待できます。
脳をリラックスさせてあげることで睡眠不足の悩みを解消できる方法もあるのです。
牛乳はその脳のリラックスに最適な食品と言えカルシウムの栄養素もイライラ対策に有効です。
ホットミルクを寝る前に飲むことで安眠効果も期待できます。
パントテン酸の栄養素も効果があり食べ物ではたらこや干しシイタケ、レバーに含まれています。
睡眠不足に効果的なだけでなくパントテン酸は睡眠の質を高め疲労回復の改善にも努めてくれます。
肌荒れにも効果的ですので積極的にこの栄養素を含む食べ物を取り入れることで寝不足に最適な対処をとることができます。

睡眠不足の解消に効くツボ3つ

睡眠不足は集中力が低下したり、免疫力が低下して肌や体に良いことはありません。また、海外旅行などで時差ボケで合眠れない場合もあり、睡眠不足を解消するツボを知っておくことは良い方法です。
睡眠不足の解消に効果が期待できるツボは、百会、勇せん、労きゅうです。
百会は、頭頂部にあり、指で真下に向かってゆっくりと押すことで寝不足だけではなく、頭をすっきりさせる効果も期待できます。
勇せんは足裏にあり、第2第3の指の骨の間で窪んだところで、血行を促進して疲労回復につながる効果があります。自律神経の活動も助けます。
労きゅうは、後頭部にあり、首の付け根から2〜3cm程度左右にあり、髪の毛の生え際より少し上を刺激します。
労きゅうは掌の中心にあり、高まった気持ちを抑えます。自律神経が乱れると睡眠不足になり、この労きゅうを刺激することで高まった気持ちを抑えるため良く眠れるようになります。

睡眠不足解消は睡眠時間を知ることから

睡眠不足解消のヒントになればいいな!と思い、睡眠時間についてお話したいと思います。
睡眠時間というものは十人十色といったところで、人それぞれにベストの睡眠時間があるのです!?
よく言われている「8時間がベスト」みたいなことを聞いたことあると思いますが、これは正解ってことでもないのです…
長い人なら8時間以上!短い人なら3時間未満!といった感じで、人によって満足いく睡眠時間というのはバラバラなんです。たぶんですが、平均睡眠時間は8時間くらいのほうが良いという目安みたいなことを言っているのだと思います。あと、歳をとると平均睡眠時間は短くなります(だから、おじいちゃん、おばあちゃんって早起きなんですね!!)。70超えると5~6時間ぐらいで平気なんだとか!?
ですから、睡眠不足で悩まれているのなら、まずは自分のベストな睡眠時間を知ることからはじめましょう。

睡眠不足の原因はいろいろ

睡眠不足の原因について考えてみましょう!
主な原因と思われるのは以下のものがあります。

・その日感じたストレスをそのまま抱えて家に帰る。
・生活習慣が乱れがち。
・うつ病や、何か不安や悩みなどを抱えている。
・寝る前にパソコンやスマートフォンなどを使い、光を浴びている。
・寝る3時間以内に食べ物を食べている。
・日中にカフェインをたくさん飲んでいる。
・寝る直前まで、仕事や遊びで頭を使っている。
・寝室が落ち着かない、寝る環境が自分に合っていない。
・運動不足である。
・寝る前にお酒を飲んでいる。

以上、これらの状況に当てはまる方は睡眠がしっかりと取れてないと思います!
改善を試みて、生活リズムを見直してみましょう。もしかしたら簡単に寝れるようになるかもしれませんよ♪

Copyright © 2016 健康情報サイト All Rights Reserved.